一人ひとりの身体にあわせてフィッティングするマットレスシステム

一人ひとりの身体にあわせてフィッティングするマットレスシステム

快適な睡眠を得るためにマットレスは重要なアイテムのひとつです。

日本人の多くの方が肩こりや腰痛に悩まされ、その解決策として「まくら」が注目を浴びてから久しいですが、
近年では大手寝具メーカーによる有名スポーツ選手を起用したマットレスのテレビコマーシャルをよくみます。
世界で活躍するアスリートが使うマットレスだから、自分の身体にもきっといいはず!そう思われて購入を検討される方も多いのではないでしょうか?これも睡眠への関心の現れです。

そんな皆さんも購入を決定する前にぜひ一度ソサンスタイルのマットレスシステムでフィッティングの体感をしてみませんか?
ベッドはもちろん、フローリングや畳の上で直接敷いてお使いいただけます。

天然素材のマットレスが正しい寝姿勢に導きます

仰向き寝だと腰がツラい、横向き寝だと肩がツラい、そんな悩みをマットレスが解決

その秘密は…ウッドスプリングとラテックスマットレス!

とくに腰痛をお持ちの方は腰が伸びるような感覚で腰に良さそうと、硬い高反発のマットレスを使っていませんか?
硬いマットレスでは背中とお尻で身体を支えるので、腰を浮かせてブリッジをしている状態になります。最初のうちは確かに腰が伸びているようで気持ちよさそうですが…だんだん辛くなり仰向き寝では膝を立てて寝るようなことに。
寝返りで横向きになると肩に大きな負担がかかります。肩が痛く、しびれて…必要以上に寝返りの回数が増えてきます。

硬いマットレスの仰向きは腰がツラい
硬いマットレスの横向きは肩がツラい

天然素材のウッドスプリングとラテックスマットレス

ソサンスタイルでは金属もプラスチックも使わない天然素材のウッドスプリングで、どんな寝姿勢でも体型でも、さらには身長にも、一人ひとりの身体にあわせてフィッティングします。

上のマットレスは医療機関で褥瘡(床ずれ)防止マットとして使用している、天然ゴムの樹液でつくられたラテックスマットレスで、仰向き時でも横向き時でも身体に負担をかけることなく、正しい姿勢で横たわれます。

腰痛、肩痛のない方もぜひ一度お試しください。
身体に負担なく正しい寝姿勢をつくるには、身体の出っ張り部分をしっかり沈ませることです。

一人ひとりの身体にあわせて調整します

ラテックスブロックと無垢板で一人ひとりにフィッティング

ソサンスタイルではひとりひとりの身体のラインや寝る時の姿勢に合わせて、41本の無垢板と中央10個のラテックスブロックを使って、パーツごとに沈み込みを調整し身体に負担のかからない状態にするところからはじめます。
負担のかからない状態とは仰向き寝、横向き寝、なかにはうつぶせ寝の方も…どんな姿勢でも首(肩)から足までまっすぐな姿勢にするということ。

肩から肩甲骨、お尻の身体の出る部分は沈み込むように、腰の部分は適度な反発で持ち上がるように…身長の違いでも調整する部分はもちろん変わります。
見た目はまっすぐになってても感覚的に引っ掛かりや圧迫を感じることも少なくありませんので、お伺いしながら微調整をしていきます。

STEP1 仰向き寝で腰部分の調整

最初は仰向きから お尻と肩甲骨が沈み腰部分をしっかり持ち上げ、 肩から足までがまっすぐな姿勢になるように調整します
ウッドスプリングエレメントで腰部分を調整します
腰部分は中央2つのラテックスブロックで調整
2つのラテックスブロックの間を狭めることで硬くなり腰が持ち上がります
ラテックスブロックを狭めると硬くなります

最初は仰向き寝で腰部分の調整をします。

中央2本のラテックスブロックで調整します。
ブロックの幅を狭くすると板のしなりが小さくなり硬くなります。逆に広げるとしなりが大きくやわらかくなります。

一般的には2つのラテックスブロックを狭めていき、腰がしっかり持ちあがりまっすぐな姿勢になるようにします。

お尻の部分はある程度沈み込まないと、膝裏が浮き上がってしまいますので注意します。

STEP2 横向き寝で肩部分の調整

次に横向き 肩をしっかり沈ませ、 首からお尻までがまっすぐな姿勢になるように調整します
横向き寝は上部ラテックスブロックの間を広げることで肩の沈み込みが大きくなります
肩部分は上部2つのラテックスブロックで調整
ラテックスブロックを広げると無垢板のたわみが大きくなりやわらかくなります
ラテックスブロックを広げると天然板がたわんでやわらかく

続いて横向き寝の調整です。
肩の部分をしっかり沈めることが大切です。

一般的には上部の2つのラテックスブロックを徐々に広げていきます。
無垢板のたわみが大きくなり肩が沈みます。

枕を使って頭からお尻までがまっすぐ一直線上になるようにします。

2か所の調整が完了したら、そのまま仰向き、横向き、寝返りをしながら引っ掛かり等気になるところがないか確認します。

ラテックスマットレスとフワフワのベッドパッドで最高の寝ごこちを

STEP3 フィッティング最終調整です

ウッドスプリングエレメントでの個々に合わせた調整後、適度な反発力で身体全体を支えてくれるラテックスマットレスと、あたたかく身体を包み込む天然素材のベッドパッドにフィットシーツをセットして、実際におやすみになるときのベッドメーキングでチェックしていただきます。

やわらかすぎる、硬すぎる部分はないか?寝返りはスムーズにできるか?などなど…さらにこのときに首と肩の部分を埋めるために「枕」を合わます。

何のストレスもなく横たわれる、そして(あぁ~)気持ちいい!その言葉が出ればフィッティング終了です。

ラテックスマットレスをのせて最終確認 最後に敷きパッドとシーツをメイキング 「あぁ...気持ちいい♪」でフィッティング終了です
敷きパッドとシーツもメイキングして最終調整をします

ソサンスタイル寝室デザイン研究所はラテックスマットレスの専門店です。
専門のスタッフによるマットレスフィッティングは予約優先で承ります。
新型コロナウィルス感染症拡大防止、お客様同士の接触を避けるため、ご予約での来店をおすすめします。

予約フォームはこちら

フィッティング動画で使用している商品はこちら

[ウッドスプリングエレメント]

金属・プラスチックをまったく使用しない天然木と天然ゴムの100%天然素材のウッドスプリングです。 
41本のホワイトビーチ無垢材のバーと10個の調節用ラテックスブロック(側生地ポケット部分はコットン)で各パーツごとに硬さの調整をします。
仰向き時と横向き時それぞれの状態で、一人ひとりの体型や寝姿勢に合わせてカスタマイズしていきます。
(専用の国産ひのきベッドもあります)

[ラテックスマットレス]

マレーシア製のラテックスフォームと伸縮性のあるニット生地の側生地で作られたマットレス
ラテックスは東南アジアで採れるゴムの樹液から不純物をほとんど使わずに発泡させた天然ラテックスフォームで鋳型で成型され高温で蒸しあげられます。
病院の褥瘡(床ずれ)予防マットレスとして採用されるなど独特の弾力は身体に負荷をかけない絶妙な沈み込みをつくります。
さらに長期間使用してもほとんど型崩れの心配がありません。

[ビラベック ボゥルフ敷きパッド]

ドイツbillerbeck(ビラベック)社製の50年以上カタチを変えないウール敷きパッドです。
たっぷりのウールわたと通気性に特に優れたトリコット(ニット)編みのコットン生地でつくられます。
あたたかさと気持ちよさはマットレスの価値をワンランクアップさせてくれます。

[コンフォートクーデン(まくら)]

デンマークの整形外科医 Dr. Knud Gade Freund がすすめる首のためのまくらです。
モールド(鋳型)加工でひとつずつつくられる3次元の立体構造です。
仰向き、横向き時の高さがちょうどよく設計されています。
やさしい反発力も魅力的です。

[ESTELLA ニットフィットシーツ]

ドイツESTELLA(エステラ)社のフィットシーツ。
伸縮性のあるコットンニット生地はとても柔らかくノーアイロンでも張りがあり、しっかりフィットします。
通常の生地のシーツより通気性も高いので、べたつき感がなく気持ちよく使えます。