12月7日はクリスマスツリーの日…小さなツリーを飾りました

寝室ニッチ(飾り棚)のクリスマス仕様

1886(明治19)年12月7日に日本ではじめてクリスマスツリーが当時は横浜に本社のあった明治屋に飾られました。
このクリスマスツリーはもともと横浜港に停泊する外国人船員のために飾られたそうです。
明治屋というと輸入食品や酒類のスーパーマーケットのイメージが強いですが、創業は船舶への納入業者で、現在でもその事業は継続しています。

もともとクリスマスツリーはゲルマン民族の冬至の祭りに樫の木を使ったことが由来とされ、その後キリスト教布教のためにもみの木が使われるようになり、オーナメントを飾るツリーになったとされています。

ソサンスタイル寝室のニッチ(飾り棚)をクリスマス仕様に装飾しました。

木製の箱の中で小さなツリーと造花、クッションわたを雪にしてシャンパンゴールドのLEDイルミネーションを散りばめました。これらはすべて100円ショップで準備した手づくり工作品(笑)

これに天然木とスチールのツリー、天然木を胴体にしたトナカイ、LEDミニランタンを並べて…冬らしくなりました。


ソサンスタイルブランドラベル

ソサンスタイルは天然ゴムの樹液でつくられるラテックスマットレスとナチュラル素材の寝具の専門店です。
落ち着いた雰囲気の寝室ショールームで他のお客様と接することなく気持ちいい布団を体感できます。
店内では6種類のフレーバーから選べるあたたかいルイボスティーをポットサービスしています。
ただいまオープン1周年記念キャンペーン開催中!