zoomでオンライン勉強中~有料アカウントを申し込む前に

コロナ自粛の影響で、突然多く聞くようになった「zoom(ズーム)」という言葉。
オンライン会議のできるアメリカのサービスですが、テレワークの推進でかなり使われているようです。

zoomプロ 有料アカウント検討中の方必見!

まず、これからzoomの有料アカウント契約される方は…
支払いの通貨を日本円でなく、USドル(米ドル)の方が圧倒的にお得です。
日本円だと、月2000円で年間契約にすると月1675円ですが、
USドルだと、月14.99ドルで年間契約で月12.49ドルとなります。
為替は現在、円高なので、かなりお得です。
1ドル110円で計算しても1374円/月で年間3600円(2か月以上分)もお得となります。

遅ればせながら「zoom」参入

周りではテレワークでzoomというより、zoom飲み会の話題の方が圧倒的に多いようですが…(笑)
4月中にはあちらこちらから誘われましたが…PC用のWEBカメラを持っていなく…さらに家電量販店にWEBカメラの在庫が全くない、店員さんいわく「今やマスクより入らないですよ。」(当時)ということで断念。タブレットでもスマホでもできると知ったのはその後のことでした。
しばらくは少人数でのLINE飲みを楽しんでました。

そんな中、もともと集客イベントとして予定していたヨガスクールとのコラボレーションは秋に延期の方向で決まりかけましたが…
せっかくだから新しいことにチャレンジしてみようということで、ド素人ながらオンラインライブ配信をやってみようと。
そこでまた「zoom」という言葉がでてきました。

zoomの無料アカウントに登録して、まずはGW前のオンライン飲み会で使ってみました。40分で切れるはずが、GIFTと表示され2時間…使いやすい、ストレスないとみんなの評判も良上々、これからはzoomです。

これを仕事で使う、まずは目先のヨガレッスンのオンライン配信を考えた時に40分制限ではちょっと…それなら今後のオン飲みが時間フリーになるならいいか、ということで早速、有料アカウント(プロ)にアップグレード。

ただいま「zoom」勉強中

そして今、
やっと手に入れたWEBカメラとiPad、iPhoneで一人WEB会議しながら、ZOOM勉強中。
来週末に向けて、BGMを流す、画面の共有をする等、たぶん基本の「き」なんでしょうが…スムーズにできるように。

今回のコロナの件で、ビジネスの「物販」の在り方も変化していくかもしれません。
いろいろな可能性を考えながら、トライしていこうと思います。


SO SAN STYLE 寝室デザイン研究所は眠りと寝室環境を提案するマットレスと寝具の布団専門店です。
上級睡眠健康指導士とインテリアコーディネーターを持つ専門スタッフがわかりやすくご説明します。
睡眠のこと、寝室のこと、そして寝具のこと。
眠ることのすべてにお答えします。