ビラベック羊毛敷きパッドが気持ちいいのは、薬品加工しないウールとニット生地の通気性

5月下旬に4回にわたってウールの特徴について紹介しました。
ウールは吸湿放湿性に特に優れ、水蒸気を繊維の中に取り込むため表面はサラッとしています。
またウールを包む生地の違いで布団の中の湿度が大きく変わります。

今日はSO SAN STYLE(ソサンスタイル)がウールパッドとして、もっともおすすめするボゥルフ羊毛敷きパッドのご紹介です。

お求めはSO SAN STYLE 公式オンラインショップでどうぞ
公式オンラインショップはこちら

通常のベッドパッドより3倍以上の厚みがあります。
今お使いのマットレス、敷き布団の上で使用することで間違いなく寝心地、気持ち良さがアップします。
暑い季節はリネン(麻)のシーツと一緒に使うとその気持ち良さは、さらにアップ、寝苦しい熱帯夜も少しは安眠できるはず。

フランス産のメリノウールを使用します

ビラベックの羊毛布団はフランス産のメリノウールを使用します。
フランスウールはクリンプといわれる縮れが強く、ウールの弾力性が高いようです。

ウールの産地として英国羊毛(イギリス)、オーストラリアやニュージーランドが有名です。

あくまで一般論ですが…

英国羊毛といわれるウールは、繊維が細くしなやかなウェーブのウールです。
だから、高級服地素材として使われます。
よく紳士服のジャケットの裏にユニオンジャックが付いている…あの感覚です。

オーストラリアやニュージーランドのウールは比較的硬い繊維が採れるといいます。
だから、絨毯等の敷物に向いています。

フランスウールは、製綿して「わた」にしたときのクリンプと弾力が布団に適していた、そのような理由で選ばれました。

羊のメインボディーを使用します

羊の毛も生える場所により性質が違ってきます。
メインボディーといわれるのは羊の背中部分と両脇(肩)です。その部分を広げると一匹もののムートンの形になります。
背中の部分は柔らかいウールが採れます。両脇(肩)の部分は腰のあるウールが採れます。
以前は背中の部分は掛け布団用、両脇(肩)の部分は敷き布団用と部位による選別もされていましたが、現在は硬いか柔らかいか程度で分けられているようです。

薬品による加工をしません

ウールを布団わたとして使用するとき、多くのメーカーは化学薬品で加工を施します。
たとえば、漂白、夾雑物(牧草片等)の除去、縮れを強くする加工、ウォッシャブル加工がありますが、ビラベックの羊毛布団はこのような薬品加工をしていません(※)
だから、ウール本来の特徴を活かしたムレ感のないサラッとした羊毛布団です。

(※)日本の定番品の説明です。ドイツではウォッシャブル商品を製造しています

通気性の抜群に良い生地を使用します

ウールは縮れが強く絡みつくので、布団を包む生地から突き出しません。
だから、通気性のいいマコ・トリコットという伸縮性のあるニット生地で包むことができます。もちろん不織布等の裏張りもありません。
通気性がいいことで睡眠中の湿気を生地を通してウールが吸収、また外に吐き出すことができます。特に湿気は重たいので、パッドの素材で圧倒的に寝心地が変わります。

あわせて読みたい(ビラベック羊毛敷きパッド関連記事)


SO SAN STYLE 寝室デザイン研究所は眠りと寝室環境を提案するラテックスマットレスと布団の専門店です。
上級睡眠健康指導士とインテリアコーディネーターを持つ専門スタッフがわかりやすくご説明します。
睡眠のこと、寝室のこと、そして寝具のこと。
眠ることのすべてにお答えします。