国内・ドイツ寝具メーカー32年の経験から販売店へ 店主のものがたり

SO SAN STYLE(ソサンスタイル)は天然素材のマットレスと布団の専門店です。
国内大手寝具メーカーと海外(ドイツ)寝具メーカーの32年間で得た知識をもつ「布団と眠りの専門家」がマットレス、まくらと布団をはじめ「眠り」のすべてに答えます。

32年間の寝具メーカー勤務から販売店開業

大学卒業後、日本国内大手寝具メーカーで15年、その後ドイツの寝具メーカー日本法人で17年、32年間のサラリーマンからの転身で昨年秋に独立、寝具専門店、SO SAN STYLE(ソサンスタイル)寝室デザイン研究所を開業しました。

国内メーカーでは、百貨店への営業担当からはじまり、寝具専門店での研修を経て直営店舗の開発担当、そして寝具専門店の新規開拓と、社内においては新しい事業のたびに駆り出される波乱万丈な15年でした。
ただ当時、自分の店を持ちたいという小さな炎を灯した…現在のベースはここにあります。

ドイツの寝具メーカーは在職していた国内メーカーの仕入れ先であることから、もともとよく知っていて、百貨店担当時代には好んで販売していました。
そんなこともあってか、何度も誘われる中で新しい世界にも魅了され、会社を変わる決心をしました。

ここでは毎年1月のフランクフルトでのHeimtextil(ハイムテキスタイル)展示会で、メーカーブースで日本人来場者を発掘する、また東京でのInteriorLifestyle(インテリアライフスタイル)に出展し、新規販売店を獲得することが2大イベントでした。

販売店とのコミュニティーが増えてくると、ヨーロッパの他のアイテム、ブランドを独自に海外展示会で見つけて、買い付けるようになります。
商品仕入にあたっては工場やときには農場を案内してもらい、知識を高めていきました。

同時に睡眠環境診断士(継続せず失効)、のちに睡眠健康指導士(初級~上級)を取得し、睡眠のプロとして国内での営業活動に役立てました。
さらに眠りを語るためには寝室を…照明や空調はもちろん家の造りにも言及する、本当のプロを目指してインテリアコーディネーターを取得しました。

国内メーカー時代に点いた小さな炎は、全国の寝具店と話をしていくうちに、どんどん大きくなっていきます。
寝具の専門店としての在り方や提案する商品に対する考え方は、これからは直接消費者の皆さまにお話ししたい…また、ご意見をもとに今後の商品提案に役立てていきたい。
そんな思いのスタートです。

ここまで、かなりの年月がかかりましたが…
昨年は台風の影響で店内(体感ショールーム)の施工が遅れ、今年はコロナ渦…開業しても波瀾万丈となりそうです…(笑)

眠ることに関してのすべてのこと、あれっ?と思ったら、メールでもお電話でも、ご来店いただいても、いつでもご相談ください。
SO SAN STYLE(ソサンスタイル)は皆さまの寝生活を応援します。

SO SAN STYLE(ソサンスタイル)寝室デザイン研究所
店主 松本 康人(まつもとやすと)


松本 康人(まつもとやすと)
株式会社 寝室デザイン研究所 代表取締役

1964年(昭和39年)両親の実家のある群馬県館林市生まれ
小学生のころ、千葉県我孫子市に転入し、現在の柏市には大学時代に
千葉県立柏高校~駒澤大学文学部~上記のとおり
3年間転勤で福岡市在住経験あり