ラテックスものがたり② 天然素材ラテックスマットレスの特徴

SO SAN STYLE(ソサンスタイル)はラテックスマットレスの専門店です。
明日からの「至福のマットレスシステム体感フェア」を前に、ラテックスマットレスの特徴をご紹介します。

床ずれ防止マットとして病院で使われるマットレス

SO SAN STYLE(ソサンスタイル)で販売するマットレスの中身のラテックスフォームは病院で褥瘡(床ずれ)防止マットとして現在も使われています。
ですから身体に負担が全くかからない、きわめてやさしい反発力です。
医療用とはサイズとマットレスを包む側生地素材が異なりますが、ラテックスフォーム自体は全く同じものを使用しています。

ラテックスマットレスの触った感覚の印象は柔らかいマットレスです。なのに横たわると支えて欲しい部分はしっかりと持ち上げてくれます。かかる重みに対して均等な反発力。仰向きでも横向きでも無理なく沈んで、また無理なく持ち上げてくれます。

10年使ってもカタチが変わらない安心の耐久性

ラテックスマットレスは何年使ってもほとんど形が変わらない(ヘタらない)、耐久性に特に優れたマットレスです。
検査機関で調べると、10年使用に相当するという80,000回の圧縮後の寸法変化率は1%にも満たず、復元率99%のデータが示されています。
つまり10cmの厚みのマットレスが1mm未満の凹みしかないということです。
そうそうマットレスは買い替えるものではありませんから、10年以上使えるというのは安心です。

長く使うものだからいつまでも清潔に。天然殺菌効果

病院で使われる素材ですから、抗菌検査が必要です。
ラテックスフォームは黄色ブドウ球菌、肺炎桿菌、MRSAの検査でほとんど菌を消滅させるという殺菌効果が確認されています。

自然素材で土に還る。地球環境にもやさしいエコ素材

ラテックスフォームの原料は天然ゴムの樹液からつくられます。
SO SAN STYLE(ソサンスタイル)のラテックスマットレスは天然ゴムの比率が95%前後と大変高い純度を誇ります。発泡させるための薬品以外は一切使用していません。
(ヨーロッパや中国のラテックスフォームの多くは純度80%程度)

ラテックスフォームは紫外線により分解され、天日の下では2~3年でボロボロ崩れ、土に還っていきます。地球環境にもやさしい素材なんです。
ただ、使っているうちに土に還られたら困りますから…マットレスは直射日光は避けてください。

1950年代にブリヂストンから発売された「エバーソフト」という純国産フォームラバー(ゴム製)マットレスがありました。
街の大先輩の布団屋さんたちによると…ウレタンフォームマットレスが登場する前で、当時はかなりの数量を販売したそうです。
ただゴムが紫外線劣化するということが浸透していなかったのか、ガビガビに硬くなってボロボロ崩れたという声が多かったと聞きます。
たぶん、綿わたの布団と一緒に天日干しを繰り返したんでしょうね。

SO SAN STYLE(ソサンスタイル) がもっともおすすめする
一人ひとりにフィッティングするラテックスマットレスシステム

あわせて読みたい

(イラスト ACイラスト)


SO SAN STYLE 寝室デザイン研究所は眠りと寝室環境を提案するラテックスマットレスと布団の専門店です。
上級睡眠健康指導士とインテリアコーディネーターを持つ専門スタッフがわかりやすくご説明します。
睡眠のこと、寝室のこと、そして寝具のこと。
眠ることのすべてにお答えします。