宮﨑登志雄作タペストリー型2021手描きカレンダーを限定販売

染色作家宮﨑登志雄の手描きカレンダー

われわれ仲間うちでは大阪のおっちゃんと呼んでいますが…
染色作家の宮﨑登志雄氏の2021手描きデザインカレンダーが入荷しました。

綿100%の生地に手書きでデザインしたタペストリー型カレンダーです。
赤・緑・青・黒の4色にキレイに染まっている布地に、1月毎にキッチン用品をフレームに描いています。

大きさは幅約52cm、丈約101cmです。

来年に合わせて、税込み2021円で販売します。

各色5枚ずつしかありませんので…気になる方はまずご連絡ください。
追加納品はありません、いや、宮﨑さんの販売方針でできませんのでご了承ください。

宮﨑登志雄カレンダー(スペクトラムレッド)
スペクトラムレッド
宮﨑登志雄カレンダー(ダスキーグリーン)
ダスキーグリーン
宮﨑登志雄カレンダー(ベルヴェティアブルー)
ベルヴェティアブルー
宮﨑登志雄カレンダー(インクブラック)
インクブラック

そろそろ書店や文具店、また東急ハンズで来年のカレンダーや手帳が出始めるころですが、
個人的にはどの部屋にもカレンダーを掛けなくなりました。
最後まで貼ってあったのが冷蔵庫の横にゴミ収集のカレンダー(笑)
それも、月の5週目とか、年末年始のイレギュラーの時にしか見ることがないので、ここ数年は折りたたんで引き出しの中です。

一般的にはどうなのかとネットで探ってみると、風水等で寝室とトイレには貼ってはいけないとか…うちはトイレにしかありません。余計な情報を得て気にするのも困るので、理由は読まずにページを閉じました。

最近、新しい家にしたり、リフォームしたりすると、紙のカレンダーはリビングから目につかないところに貼る方が多いようです。

こちらでご紹介する綿素材の布製のタペストリー型カレンダー、部屋のアクセントカラーにもなっていい感じです。
リビング、寝室のお好きな場所にぜひ飾ってみてください。

あわせて読みたい


全国でもほとんど例のない一軒家のショールームスタイルの寝具専門店「ソサンスタイル」。
睡眠に適した室温・湿度、照明、アロマ香る和モダンの寝室でとても気持ちいい天然素材のマットレス、枕と布団を体感できます。
上級睡眠健康指導士とインテリアコーディネーターが睡眠のこと、寝室のこと、寝具のこと、眠りのすべてにお答えします。