今日は柏市誕生の日、1954年11月15日に東葛市から柏市になりました

千葉県柏市ふるさと大橋
ふるさと大橋から日の出(千葉県柏市)

今日は柏市誕生の日!
1954年(昭和29年)11月15日にこれまでの東葛市から小金地域が分離、富勢村の一部が編入し柏市が誕生しました。
当時の人口は約43000人、8300世帯だったといいます。
東京の衛星都市として発展した柏市は現在、人口約433000人、19400世帯、当時の10倍以上に膨れ上がりました。

もともとは宿場町として栄えてきた我孫子の方が大きかったといいます。
柏駅周辺は我孫子と小金(松戸)に挟まれた小さな集落でしかなかったそうです。
逆に何もないところだから、大きく発展できたのかもしれません。

柏市は1970年代から急速に発展します。
常磐線の複々線化により快速電車が柏駅に停車するようになり、
1973年には東口にそごう、西口に髙島屋の2つの百貨店が相次いで開業しました。

柏駅東口の日本初のダブルデッキ
柏駅東口ダブルデッキ上から

駅東口にはダブルデッキ(ペデストリアンデッキ)がつくられました。
1階はバス、タクシー、乗用車のロータリーで、
2階に歩行者のみの自由通路で駅前広場になっていて、直接そごう(現在はビックカメラ)に入れます。

実はこのダブルデッキ(柏だけでの名称?)は日本初の建築物です。

近年ではつくばエクスプレス開業により市北部の柏の葉を中心とした地域の発展もすすんでいます。
日本全国で人口減少がはじまった中で、柏市はまだしばらく人口増加が見込まれる数少ない自治体のようです。

(柏市役所HP参照)


全国でもほとんど例のない一軒家のショールームスタイルの寝具専門店「ソサンスタイル」は千葉県柏市にあります。
睡眠に適した室温・湿度、照明、アロマ香る和モダンの寝室でとても気持ちいい天然素材のマットレス、枕と布団を体感できます。
上級睡眠健康指導士とインテリアコーディネーターが睡眠のこと、寝室のこと、寝具のこと、眠りのすべてにお答えします。