柏で必ず寄りたい…ソサンスタイル近くの美味しいお店 Vol.1 地酒ビストロ「リウレザン」

リウレザン外観

SO SAN STYLE(ソサンスタイル)にご来店いただき、気持ちのいいラテックスマットレスを体感してリラックスした後は、柏駅に向かう道の途中にある小さなフレンチレストラン、リウレザン(Riz ou Raisin?)でのお食事がおすすめです。

SO SAN STYLE(ソサンスタイル)から柏駅東口まで歩くと少し距離がありますが…当店の横の急坂(かなりの坂)を上がって、国道16号を渡り、道なりに歩いた最初の信号(左手のローソン向かい)のところにリウレザンはあります。
柏駅からだと東口のサンサン通り(旧そごうとビックカメラの間~)をまっすぐ、長全寺の先の信号を左です(スポーツクラブ メガロス柏の斜め向かい)。

リウレザン内観
オーナーシェフ大野奈津子さん

なんといってもママさんオーナーシェフの大野奈津子さんの料理が美味しい!
いつ行っても、何度行っても、新しい素材や料理があり、飽きることがありません。
地元柏産の野菜をふんだんに使ったテリーヌやムースは女性の心をしっかりつかむ…らしいです。

豪快に片手で一升瓶を持つ写真でわかるように…リウレザンでは、お酒好きな方は必ず楽しめます。

まずは生ビール。冷えたうすはりグラスにそそぐビールはきめ細かい泡を伴って、至福の一杯ではじまります。特別な地ビールとかではありません。それでも、そそぐ技術でビールがこんなに美味しく味わえるのかと感心します。テーブルに水滴がつくので生ビールだけSoil珪藻土のコースターを使います。

フレンチとはいいながら、かなり和の方にも寄っていて…それもそのはず、オーナー奈津子さんはフレンチシェフでありながら日本酒の利き酒師でもあるんです。

生ビールと日本各地の日本酒

リウレザンでは日本各地の蔵元のレアな日本酒を取り揃えています。季節やタイミングで1本単位の仕入れなので、今日のお酒が次回もあるとは限りません、というより、まずありません。

もちろん、フレンチですからワインも充実、白、赤のハウスワインにスパークリングワイン、数名での食事なら料理に合わせたボトルを選んでもらってもいいでしょう。
毎日市場で仕入れる本日の魚は刺身かカルパッチョを選べるので、ここで日本酒かワインか…究極の選択、思わず笑みのこぼれるとても幸せなひとときです。

不定期で「お米の会(日本酒)」やワインのイベントも開催されます。

なんてったって、店の名前のリウレザン「Riz ou Raisin?」はフランス語で、「お米?それともブドウ?」の意味…最後の「?」は文字化けではありません(笑)

というわけで、昨年9月の台風で飛ばされたお店の看板には、あらたに「地酒ビストロ」とベタな日本語が加わりました。

あ、お酒を飲まれない方も自家製ジンジャエールが美味しいと評判です。

6種オードブルはスレートプレート
本日の魚を波佐見焼で

ほとんどのお客さんがオーダーするオードブルプレート盛り合わせ(3、6、9種)はリウレザンの定番料理の宝庫です。パテ・ド・カンパーニュ、ラタトゥイユにしば漬けとクリームチーズのポテトサラダは定番中の定番、スレートプレート(黒い石のお皿)に盛り付けられます。

メインは魚料理も肉料理も食べたい逸品です、お二人なら是非シェアして両方いただいてください。
一緒にキレイな色の波佐見焼(長崎県の磁器)のお皿も堪能できます。

おなかに余裕があれば、締めにカレーも人気です。

最近人気のお店ですので、予約することをおすすめします。

Riz ou Raisin(リウレザン)
TEL予約:04-7170-0526
営業時間:18:00~22:00(L.O.21:00)[ランチ:木~土曜日予約のみ営業]
定休日:日曜日/月曜日/祝日
住所:千葉県柏市柏6-7-8 オーキスビル1F
席数:13席(感染予防実施中 現在席数減らして営業中)


仰向き寝だと腰がツラい、横向き寝だと肩がツラい…そんなあなたにおすすめのマットレスがあります。天然素材のウッドスプリングとラテックスマットレスが一人ひとりの寝姿勢、体型、さらに身長にも合わせてフィッティング。
SO SAN STYLE(ソサンスタイル)はラテックスマットレスと天然素材の布団の専門店です。